離婚時に興信所を使う

興信所の利用方法として離婚時に活用している方も数多くいらっしゃいます。夫婦が離婚をするとなれば、場合によっては裁判になってしまうケースもあります。そこまでいかなくともお互いに弁護士などの代理人を立てて、離婚時の慰謝料を決めたり、子供がいる場合には養育費を互いにどう負担するのかということを決めるケースもあります。(参照サイト…慰謝料相談|弁護士法人アディーレ

慰謝料このような場合に自分に非がなく相手に夫婦関係崩壊のキッカケがあることをアピールすると、慰謝料を相手からもらうことができる場合が多いのです。たとえば男性と女性が性格の不一致などを理由に別れる場合には男性が女性に慰謝料を払うケースが圧倒的に多いのですが、女性に浮気の事実などがあれば逆になり、男性が慰謝料を受け取れる場合もあります

そのような証拠を集めるために探偵を使っている人は多くいますので、離婚話が進んでいる中で相手になにかしらの懸念があるということであれば興信所に相談を持ちかけてもいいかもしれません。興信所を使う費用は発生してしまいますが、裁判でも通用する確固たる証拠を収集してくれる場合がほとんどであり、結果としてその費用は慰謝料によって回収できるケースもありますので、まずは相談してみましょう。